古銭・大判・小判の買取

kozeni

kosen1kosen2kosen3kosen4kosen5kose6kosen7kosen8kosen9kosen10kosen11kosen12kosen13kosen14kosen15kosen16

※ 決して磨いたりしないで下さい。価値がなくなってしまう物もあります

お手持ちの古銭(こせん・ふるぜに)を高価買取致します!

 収集されていた古銭を買取致します。
寛永通宝などの穴銭類(銅貨)、一分銀や二分金、大判・小判などの古金銀類や
明治の金・銀貨類など様々な古銭を高価買取させて頂きます。
また、昭和や平成に入ってからの硬貨なども年度やエラーなどによって
非常に高額になる場合もありますので、ぜひ一度
ご相談くださいませ。

古銭は興味のない方には、粗雑に扱われたり、邪魔な扱いをされたりする事もありますが、
その古銭ぜひお譲りくださいませ!

古銭の収集は奥が深く面白さから、根強いコレクターがたくさんおられます。当店でもそういったコレクターの方々に引き継がれていきますのでぜひ一度ご相談下さいませ。
(海外の外国コインの金銀貨もご相談下さいませ。)


 

古銭の買取について

硬貨の歴史は非常に長く、時代ごとに種類豊富な古銭があります。
買取させて頂いております古銭の中には、1,000年以上前といった物も数多くあります。古いからといって全てが高くはなりません。

同じ時代の物でも、希少性と人気とコンディションで全く変わってきてしまいます。有名なのは小判や大判もその一つですが、名前の通り大型の楕円形の金貨で、大判1枚で小判10枚に相当する価値があるとされますが、時代によって価値は微妙に違ったようです。また、時代と共に段々と金の純度が下がってきたり、小さくなったり、また硬貨を発行する度に新しい硬貨1枚が古い硬貨10枚と同じなどすごいインフレをしていたり、そういった時代背景や、はるか昔に色んな人の手に渡っていたと考えると楽しいもので、買取額も数十円から数千万円まで様々です。
高い物があるという事は、やはり悪い人がいて、古銭というのは実は、偽物だらけなのです。重さや純度、時代を経ていると思われる非常に精巧に出来ている物から、1m離れて見ても、贋物と分かる様な物まで様々です。人気が高く高価な古銭に多いのですが、本物でも買取額が数百円程度の物まであります。パッと見ただけでは分からない物も多く、当時から出回っていたのではないかと思う物もあります。

 

古銭買取の種類の一部として

●古金銀類
●大判 (天正大判金、慶長大判金、元禄大判金、享保大判金、天保大判金、万延大判金、純金大判金など)
●小判 (天保小判金、文政小判金、万延小判金、安政小判金、元文小判金、享保小判金、佐渡小判金、慶長小判金、元禄小判金、宝永小判金、正徳小判金、献上小判金、純金小判など)
●丁銀・豆板銀 (古丁銀類、慶長、元禄、宝永永字、宝永二ツ宝、宝永三ツ宝、宝永四ツ宝、享保、元文、文政、天保、安政など)
●二分判金 (文政二分判金、安政二分判金、万延二分判金、明治二分判金など)
●一分判金 (慶長一分判金、元禄一分判金、宝永一分判金、正徳一分判金、享保一分判金、佐渡一分判金、元文一分判金、文政一分判金、天保一分判金、安政一分判金、万延一分判金など)
●二朱判金 (元禄二朱判金、天保二朱判金、万延二朱判金など)
●一分銀買取(天保一分銀、庄内一分銀、安政一分銀、明治一分銀など)
●近代貨幣類(旧20円金貨、旧10円金貨、旧5円金貨、旧2円金貨、旧1円金貨、新20円金貨、新10円金貨、新5円金貨、旧1円銀貨、新1円銀貨、貿易銀、旭日竜大型50銭銀貨、旭日竜小型50銭銀貨、竜50銭銀貨、旭日竜20銭銀貨、旭日竜10銭銀貨、2銭銅貨、1銭銅貨など)
●穴銭類 (和同開珎、寛永通宝、天保通宝、絵銭、皇朝十二文銭、中国古銭など)
●地方貨
●エラーコイン・手変わり珍品・極美品・母銭類・試鋳貨などは特に高価買取致します!

上記以外でもあらゆる古銭を高価買取致します!

古銭と同様に金の買取も行っております。

出張買取
※少量や少額の場合はお断りする事もございますので、ご了承下さいませ
※車には宣伝ステッカーなどはなく、普通車になります。

 

ブランド品の買取(京都四条通り店)時計の買取(京都四条通り店)切手の買取(京都四条通り店)金の買取(京都四条通り店)酒の買取(京都四条通り店)、その他様々な品物の買取を行っております。

おたからやへのアクセス

Copyright(c) 2013 おたからや京都四条通り店 ブランド品・時計・切手・金・ダイヤ・宝石の買取/京都専門店  All Rights Reserved.